スマート・フォーラム通信 通算221号

大手予備校の「河合塾」で29年間、講師として働いてきた河合塾ユニオンの松永義郎さんが、 今年3月末に、無期転換ルールの適用直前に雇い止めになったことについて、福岡労働局が 河合塾に助言指導した。河合塾側は雇い止めの理由として「授業のアンケート結果が、 前年からの注意・指導にかかわらず改善されなかった」とされているが、松永さんは 「雇い止めにされるまで特に指導などはなかった。無期転換逃れが目的だ」と訴え、 福岡労働局に河合塾への指導・助言を求めていた。労働局は、河合塾の主張する理由について 「社会通念上相当かは疑問」と指摘。さらに「無期転換ルールを意図的に避ける目的で雇い止め をすることは、法の趣旨に照らして望ましくない」とも指摘。河合塾ユニオンの佐々木書記長に よると、「無期転換直前になって例年の3~4倍の講師が雇い止めになっている。授業アンケート の満足度は講座の種類によって低くなることもあり理由にならない」としている。河合塾側は、 取材に対して、「松永氏の主張は当方の認識と異なり、これ以上の話し合いで歩み寄れるものは ないと労働局に答えている」と回答したという。

*******************************
横浜市鶴見区豊岡町20-9-505
よこはまシティユニオン「スマート・フォーラム」
http://smartforum.sakura.ne.jp
*******************************

戻る