スマート・フォーラム通信 通算234号

よこはまシティユニオンの事務所では「日本経済新聞」と「赤旗」を購読しています。 今朝はさすがに驚きました。3/19の日経朝刊一面トップが以下の見出しです。日本資本主義は相当危機的です。 が、危機的である理由を正確に理解しようとしない経営者がほとんどいないことが、最も危機的だと、私は考えています。 賃金水準 世界に劣後 時給20年間で9%下落 脱せるか「貧者の循環」 日本の賃金が世界で大きく取り残されている。過去20年間の1人あたりの時給の変動率でみると、 日本だけは9%減り、主要国で唯一のマイナス。英国は87%、米国は76%、フランスは66%、ドイツは55%増えた。 韓国は2.5倍増えている。日本の大企業は、国際競争力の維持を理由に賃金を抑え、非正規社員が増えた結果でもある。  長時間労働がはびこった日本の労働生産性(付加価値)は低い。ゴールドマン・サックスの名物アナリストだった デービッド・アトキンソン氏は、日本企業が賃上げに慎重な姿勢を続けたことが、生産性の低迷を招いたとする。 低賃金を温存するから生産性の低い仕事の自動化・効率化が実施されず、付加価値の高い仕事へのシフトが進まない。 その結果、生産性も上がらず賃金も上がらないという貧者のサイクルに陥っていると分析。 最低賃金の上げ率を最近の3%台から5%台に加速させるべきだという。

*******************************
横浜市鶴見区豊岡町20-9-505
よこはまシティユニオン「スマート・フォーラム」
http://smartforum.sakura.ne.jp
*******************************

戻る