スマート・フォーラム通信 通算251号

働きながら不妊治療を受ける女性の離職リスクは、非正規労働者が正社員の3.5倍(日経)  順天堂大などの研究チームが、昨年8~12月、群馬、東京、福岡の4医療機関に通院する不妊治療中の 22~54歳の女性約1700人を対象にアンケートを行った。このうち不妊治療時に働いていたのは1369人で、 正社員は597人で非正規は143人、他の629人は自営業や無回答だった。  正社員のうち治療後も勤務を継続したのは453人(76%)、退職したのは115人(19%)、転職は29人(5%) だった。一方、非正規で勤務を継続したのは70人(49%)、退職が51人(36%)、転職22人(15%)。 年齢や不妊期間なども考慮して調整すると、非正規は正社員に比べて、離職しやすさが約3.5倍となる。 順天堂大の遠藤源樹准教授(公衆衛生学)は、「会社から契約更新を断られたり、労働者側から会社に 遠慮して辞めることも少なくない」と話している。

*******************************
横浜市鶴見区豊岡町20-9-505
よこはまシティユニオン「スマート・フォーラム」
http://smartforum.sakura.ne.jp
*******************************

戻る